Q1.長時間使っていると、耳が痛くなるのですが対策はありませんか?
Gripに関しましてはイヤーキャップ、イヤーループのサイズが合っていないことが考えられます。以下の変更をお試しください。

耳の中が痛い場合:イヤーキャップのサイズを小さいものに変更する。

耳の外側に痛みを感じる場合:イヤーループを大きいものに変更する。または、激しい動きをされない場合はイヤーループを外してご利用いただくことも可能です。miniに関しましては1サイズなので、イヤーキャップやminiの方向、左右を入れ替えるなどして調整をお願いします。

また、Gripのオプションパーツとして左耳交換キット、XSパーツの販売がございますのでご検討ください。


Q2.Bluetooth接続がうまくできません。

イヤホンの電源のオン・オフを何度か繰り返してみてください。

それでもできない場合は、BONX Gripを出荷状態にリセットをお試しください。電源OFFの状態から15秒長押しします。しばらく緑/橙LEDが交互に点滅した後、LEDが黄色に1秒点灯し、接続履歴がリセットされます。

スマートフォン側の履歴も一度全て消してから、再度接続を試してみてください。


Q3.耳に入れる部分のゴム(シリコン)パーツだけの販売はしていますか?
シリコン製のイヤーループ、イヤーキャップのセットを「BONX Grip 右耳用交換キット」「左耳よう交換キット」を販売しております。 こちらの販売サイトからご購入いただけます。

miniのパーツだけの一般販売はしておりませんのでご希望の際はお問い合わせください。

Q4.イヤーループを外すとマイクの部分がむき出しになるが、音質への影響はありますか?
原則影響はございませんが、BONX Gripの特徴である風切り音に強いという性能が低下しますので、強風環境や高速移動中の利用を想定される方はご注意ください。

Q5.BONX Gripはボタン電池を使用していますか?
ボタン電池ではなく、リチウムイオンバッテリーを搭載しております。充電は付属、または市販のmicro USBで行えます。

Q6.バッテリーは何年くらいでどの程度劣化しますか?1年間経ったらこのくらい、総充電可能時間など。
保管環境にも左右されますが、20℃の環境で500回充電した場合、初期電荷80%が担保されております。1日1回充電した場合、約1年半弱は初期電荷80%が担保される試算になります。

*バッテリーの劣化後の電池交換は行っておりませんので、保証期間外ですと買いなおす必要があることをご了承ください。(修理可能な例はこちら:9-3-製品の保証について

Q7.BONX Gripを開封したところ、本体に白い粉末が付着して色あせて見えるが問題ないのでしょうか?どうすれば良いでしょう?
この白化する事象はブルーミング現象と言います。付着している白い粉は、人体に影響がなく、ゴム材の保護をし、耐候性を向上させる効果があります。製品の材質上、一定期間が経過するとどうしても発生するもので、他のメーカーの製品でも同様の現象が発生します。 ブルーミング現象が発生している場合は、ウェットティッシュなどで拭き取っていだければ、機能的には問題なくお使いいただけ、不良品ではございませんので、ご理解頂ければと存じます。

Q8.ゴムアレルギーなのですが、BONXで肌に接する部分の素材は何ですか?

イヤーキャップ、イヤーループ、本体のカバー含め、素材はシリコン素材を使用しています。

Q9.BONX GripとBONX miniの性能の差を教えてください。

製品ページをご参照ください。

Grip:https://bonx.co/ja/bonx-grip/

mini:https://bonx.co/ja/bonx-mini/

回答が見つかりましたか?