ユーザーアカウントには以下の2つのタイプがあり、目的に応じて使い分けることができます。

①メールアドレスを登録して作成する個人専用アカウント
(以下ユーザーとする)

特定のユーザーのみが使用する場合はこちらを利用します。1アカウント発行される毎に課金されます。

②メールアドレス登録不要の共用アカウント
(以下共用アカウントとする)

対象アカウントを利用する個人が短期間で切り替わる場合に推奨されます。
複数の人数で使い回せるので、費用も1アカウント分ですみます。

【ユーザー種別ごとの利用可能機能の違い】

  1. ユーザーの追加(個人専用アカウント)

メールアドレスを登録して作成する個人専用アカウントを作成します。

コンソール画面のダッシュボードからユーザーを追加ボタンを押して、ユーザー追加を行います。テナント管理者は「ユーザーを追加」からメンバーを加えることができます。

ユーザーを追加する際に、『権限』と『所属組織』を追加すると、検索がかけやすくなり、ユーザー管理がしやすくなります。

同時に複数のメンバーを招待したい場合には、①「さらにユーザーを追加」または、②「CSVテンプレートをダウンロード」して、必要な項目を入力してアップロードすることも可能です。

①「さらにユーザーを追加」を続けることで複数名のユーザーを入力することができます。入力が完了したら、「保存」を押すとユーザーが追加されます。

②「CSVテンプレートをダウンロード」を押すと、「b4b-users.csv」という名称のCSVファイルがダウンロードされます。

「b4b-users.csv」を開いて、3行目以降に氏、名、メールアドレス、権限、所属組織を入力します。

その上で、CSVファイルとして保存またはエクスポートします。

次に、「新しいユーザーを追加」画面で、「CSVファイルから登録する」を押します。

その後、POPアップするファイル一覧から登録したいCSVファイルを選択し、「開く」を押します。

※ここでは「b4b-users 2」というファイル名で保存しています。

CSVファイルに登録したユーザーが反映されていることを確認して、「保存」を押すと登録が完了します。

テナント管理者および、マネージャー権限で個人専用アカウントを登録すると招待メールが届きます。テナント管理者の初回ログインと同様にBONX WORKのコンソール画面にアクセスし、メールに記載されている情報を入力すれば利用することが可能です。

2. 共用アカウントの作成

メールアドレス登録不要の共用アカウントを作成します。
 共用アカウントは、1つのアカウントをアルバイト数名で毎日使いまわすなど、対象アカウントを利用する個人が短期で切り替わるような場合に推奨されます。

同時に複数の共用アカウントを追加する場合は、「さらに共用アカウントを追加」を押します。

※「さらに共用アカウントを追加」を押すごとに同時に追加できる枠が増えます。

追加が完了したら、「作成」を押すと登録が完了します。

共用アカウントでトークルームに入室する際は、QRコードの読み込みまたはログインIDを入力します。管理者は、QRコードまたはログインIDを事前に通知する必要があります。

3. アカウントの管理

ユーザーの追加、共用アカウントの追加、共用アカウントのパスコード表示は、コンソール画面のユーザーから可能です。アカウントの管理はiOS、Androidのモバイルアプリからも実施できます。

ユーザーの検索ができます。

下記の検索窓に氏名、ニックネーム、所属組織を入力することで該当するユーザーが表示されます。

ユーザー情報の編集ができます。

個人専用アカウントのユーザー情報は、①ユーザーにカーソルをあててクリックし、ユーザー情報を表示した上で②右上のメニューボタン「・・・」を押す、または、③ユーザー情報の右側のメニューボタン「・・・」を押すと「ユーザーを編集」がポップアップして編集できるようになります。

「ユーザーを編集」のポップアップで氏名、ニックネームと所属組織を編集することができます。その上で、「保存」を押すとユーザー情報が変更されます。
※メールアドレスは個人アカウントを特定するための情報ですので編集することはできません。

共用アカウントのユーザー情報は、ユーザー情報の右側のメニューボタン「・・・」を押すと「共有アカウントを編集」がポップアップして編集できるようになります。

「共有アカウントを編集」のポップアップでアカウント名と所属組織を編集することができます。その上で、「保存」を押すとユーザー情報が変更されます。

回答が見つかりましたか?