BONX社が提供するグループ通話ソリューションには、主に個人利用者を対象にした コンシューマー版BONXと、主に法人利用者を対象にしたBONX WORKの二種類が存在します。 以下の図では、簡単に双方の違いをまとめてご紹介します(※2018年9月現在)

※.コンシューマー版では、1ルームにつき「延べ接続人数」が10人までとなっています。従って、現在ルームに参加していないメンバーも含めて最大10人が上限となっています。

※表中の価格は全て税抜表記です。

※1. iOS版のみ対応しております。Android版での対応は、2021年冬以降を予定しております。

※2. bonx.ioをご利用の場合、別途bonx.ioライセンスのご購入が必要です。

※3. コンシューマー版ではBONX Gripのみお使いいただけます。BONX Grip・AirPods Pro以外は有線イヤフォンのみご利用いただけます。また弊社推奨有線イヤフォンを除く、全てのマイク付きイヤフォンについては、動作保証外とさせていただきます。

コンシューマー版BONXの詳細はこちら

回答が見つかりましたか?