ユーザーアカウントには以下2つのタイプがあり、目的に応じて使い分けることができます。

①メールアドレスを登録して作成する個人専用アカウント

特定のユーザーのみが使用する場合はこちらを利用します。1アカウント発行される毎に課金されます。

②メールアドレス登録不要の共用アカウント

対象アカウントを利用する個人が短期間で切り替わる場合に推奨されます。
複数の人数で使い回せるので、費用も1アカウント分で済みます。

【ユーザー種別ごとの利用可能機能の違い】

【ユーザー種別ごとの想定利用シーン】テナント管理者:

B4Bをはじめに準備頂く際に弊社からはじめに発行される、全機能にアクセス可能なスーパーアカウントです。情報システム部門の担当者であったり、BONX for BUSINESSを利用する責任者が想定される対象ユーザーとなります。

マネージャー:

テナント初回設定後に作成可能な、実際のトークルーム作成やメンバー追加、通話履歴の確認など、管理機能にアクセス可能なアカウントであり、各利用シーンごとの責任者やプロジェクトリーダーが想定される対象ユーザーとなります。

メンバー:

テナント初回設定後に作成可能な実際の利用者向けアカウントです。基本的にはメールアドレスを用いてログインしたのち、アプリでの会話を行うのみの権限を持ちます。各利用シーンごとの社員などが想定される対象ユーザーです。

共用アカウント:

メールアドレスが不要で管理者発行のQRコードまたはパスコードを用いたログインを行えるアカウントで、セキュリティよりも簡便性を優先しています。

1アカウントに対し同時ログインできるのは1名ですが、1つのアカウントを複数人で使いまわす場合にお使いいただくものとなります。

以下の場合でのご利用が推奨されます。

・管理可能なメールアドレスを利用者全員が持っていない場合

・アルバイトなどメールアドレスが配布されていない方が使用する場合

・BONX for BUSINESSを利用する個人が短期で切り替わるような場合


2. 個人専用ユーザーアカウントのログイン

テナント管理者は、①予め登録されたB4BID、Emailアドレス、パスワードを入力し、

②ご自分のお好みのパスワードを設定して、③ユーザーネームを入力します。

テナント管理者からユーザー追加されているテナント管理者、マネージャー、メンバーには招待メールが送信されます。招待メールに記載のB4BID、Emailアドレス、パスワードでログインできます。


パスワードの再設定について、個人専用ユーザーアカウントのログイン時に、パスワードを忘れた場合はパスワードの再設定ができます。

ログイン画面でパスワードを忘れた場合をタップします。
①「パスワードをお忘れですか?」とポップアップが出ますので、BONXに登録されているメールアドレスとB4B IDを入力し、リセットを押します。
②「パスワードをリセットするためにメールを送信しました」とメッセージが表示されます。
③登録されているメールアドレス宛に、no-reply@bonx.co.jpからメールが届きます。メールを開くと24時間有効なパスワードリセットのリンクが表示されますのでリンクにアクセスします。
④パスワードリセット画面が表jされますので、半角英数6文字以上のパスワードを設定し、「Reset Password」を押すとパスワードが変更されます。その上でログイン画面に戻りますので、設定したパスワードを利用してログインしてください。

3. 共用アカウントのログイン

共用アカウントの場合は、テナント管理者から発行されたQRコードまたは、コードを利用してログインします。①ログイン画面で共用アカウントでログインするを選択し、②QRコードを読み取るかパスコードを入力し、③ニックネームを入力します。

ニックネーム・アイコンの設定ができます。

トークルームに参加する前にニックネームとアイコンの設定を行います。

①アイコンの設定をしておくと、個人の判別がしやすくなり、呼び出す際や、参加メンバーを確認する際に便利です。

②ニックネームはアプリ使用時の表示名、呼び出し名として使用されます。ひらがな、またはカタカナを推奨します。

③ニックネーム・アイコンの設定が完了したら、「BONXをはじめる」をタップします。

回答が見つかりましたか?