トーク設定画面にて音声関連の設定を行うことができます。

メニューの「トーク設定」をタップして設定を行います。

①発話判定の感度
声が認識されづらい時に操作します。相手側に声が届かない、届きづらいと感じる時には「発話判定の感度」をお試しください。

※発話感度はハンズフリーモードのときのみ関係します。

②スピーカーブースト
音量を上げたい時に操作します。Grip本体の音量を最大にしても聞こえづらい時や、さらに音量を上げたい時には「スピーカーブースト」をお試しください。

③他人の状態の通知
他人の入退室音や電波状態の通知のOn/Offを設定します。他人の通知音を消したい場合はオフに設定してください。

*自分の状態通知は消すことはできません。

*ガイダンスの音声の音量は調整できません。

また、OSの通知設定と組み合わせることで様々な通知が可能です。

例1)全ての通知(音声通知、バッジ)をOFFにしたい。※iOSの例

⓪BONX WORKアプリ内、トーク設定より他人の状態の通知をOFF

①端末の設定アプリより「BONX WORK」を選択

②「通知(Notification)」を選択

③「通知を許可(Allow Notification)」をOFF

例2) 入退室、チャットの読み上げ(プロプラン)OFFにして、バナーのみ通知したい場合 ※iOSの例

⓪BONX WORKアプリ内、トーク設定より他人の状態の通知をOFF

①端末の設定アプリより「BONX WORK」を選択

②「通知(Notification)」を選択

③「通知を許可(Allow Notification)」をON

④「サウンド(Sound)」「バッジ(Badges)」をON

ただし、マナーモードの場合は通知も行われません。

④ボタンロック
BONX Gripのメインボタン操作を切り替えることができます。
(ボタンが他の衝撃などにより操作されることがある場合、無効にしておくと便利です。)

※ハンズフリーの時のみご利用可能です。

⑤ボタンのダブルタップ

複数ルーム利用時にお使いいただきます。(複数ルーム接続機能はプロフェッショナルプランのみ)

BONX Gripのメインボタンをダブルタップすることで、表示順にマイクソロを切り替えます。話しかけたいルームを、アプリを操作することなく切り替えることができます。

2.発話判定の感度のカスタマイズ

マイクが声を拾いにくい、相手に声が届きにくいと感じた場合は、「発話判定の感度」のカスタマイズを行うことをお勧めします。(ハンズフリーの場合)

発話判定の感度をデフォルト値より高めに設定すると、マイクが声を拾いやすくなります。ただし、発話判定の感度が高ければ高いほど、騒音も入りやすくなることをご了承ください。

Gripが正しく装着されていないためこえが届きにくい場合は、正しい装着手順をお確かめください。(2-3.装着方法

!注意事項!

アプリをログアウトすると、初期状態にリセットされます。

再ログイン後は、再度設定を行ってください。

アプリアップデート時には、ログアウトしていなければ設定が引き継がれます。

回答が見つかりましたか?