BONX for BUSINESSでの通話は、トランシーバーのチャネルをあわせる、または同じチャットルームに集合する、といった概念によく似ています。 はじめに一人がトークルームを作成し、他のメンバーは自分からそのルームに参加する、またはルームに既に参加しているメンバーに招待してもらうことにより、会話に参加できるようになります。

トークルームが作成された後は、基本的にスマートフォンの操作は必要ありません。ポケットやバッグなど、BONX Gripに近い場所にしまってハンズフリー通話をお楽しみ下さい。

電波さえあれば、距離は無制限、最大30人まで同時に双方向で会話が可能です。
圏外になった場合はルームに通知され、電波環境が回復すると自動的にルームに復帰します。

回答が見つかりましたか?